<< Sweet”11月号 | main | アレルギー疾患と向き合う十字先生 >>

日本の赤ひげ”十字先生

0

    昨日”帝国ホテルで、東京大学医学部医学博士十字文子先生・大阪府薬物乱用防止教育講師で薬剤師大内啓子先生・オードレマン上谷社長と私の4人で会いました。

    十字先生は東大卒女医第―号として多数の本で紹介され”自身でもアトピー関係の本を数多く出版されています。東大の医学部で研究”その後はNY州立大学でアレルギー研究所研究員、その後は日本アレルギー研究所で研究”日本臨床アレルギー研究所長を経て、二年前まで現役・・・今は余生を楽しんでいます。

    私から無理を承知に”会ってくださいとお願いをしました”たくさんの方の協力の下、会うことが出来感謝感激”許される時間を大切に

    たくさん話をさせていただきました。

    穏やかな話し方で現状の生活や今までの苦労話などお聞きできましたが・・・アトピーに関しては道半ばという感じでしたね!

    これからあなたみたいな若い人が頑張らなくてはだめですよと”私の出来ることは何時でも力になりますと言っていただけました。

    あなたが作っている商品を出来るだけ多くの方々に使っていただくことが大切・・・でも現状の日本では大変なことです・・・大内先生も日本全国を今でも講演し”全国の薬剤師とのパイプを持っている方です。

    界面活性剤の怖さ”を訴えていますが・・・十字先生からも諦めたらダメ”一人でも救ってあげることが役割ですよと!

    O居O代さんのお子さんも大変なアトピーでしたが今ではすっかり良くなった”十字先生の所で治療したそうです。十字先生から薬草シャンプーがあったから・・・あのシャンプーがなければ現状のアトピーは直すことはできないと言っていました。

    私は、十字先生の出版されたすべての本を読んで”サロンに来店されるアトピー性皮膚炎や荒れ肌で苦しんでいる方々を何とかしたいと思いで商品開発をしています。

    やればやるほど”知れば知るほど奥が深い”長生き日本だが・・・元気でいつまでもキレイで長生きが出来るような日本にしたい・・・

    挑戦を続けていきます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    黒の帽子姿が十字先生、真ん中が大内先生です。

     

     

     

    aputipa * - * 16:43 * - * - * - -
    このページの先頭へ